味噌汁は食事量を減らせるダイエット食材

味噌汁は食事量を減らせるダイエット食材

味噌汁は日本の伝統的な食事ですが、欧米食の普及で飲む機会が減ってきているようです。

 

実は味噌汁はダイエットによい食材です。食前に飲めば満腹感を得られて自然と食事量を減らすことができます。摂取カロリーを無理なく抑えることができ、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなればダイエットが成功します。味噌はタンパク質が豊富な食品です。タンパク質は筋肉をつけるために必要な栄養素で、タンパク質をしっかり摂ることで適度に筋肉がついて、代謝がよくやせやすい体になります。

 

お通じ改善効果もあります。味噌に含まれるメラノイジンという成分は、腸内環境を整えて便通をよくします。具だくさん味噌汁にすれば、食物繊維の働きでさらに便通がよくなります。温かい味噌汁を飲めば体温が上がり代謝もアップします。冷えは万病のもとといわれていて、代謝を下げてしまうので、特に冷え性の方におすすめです。味噌汁は具だくさんにすることがポイントです。

 

野菜・海藻・きのこなどをたっぷりと入れることで満腹感が高まります。根菜を入れたり具材を大きめに切ると、噛む回数を増やせて満腹感を得やすくなります。きのこにはキノコキトサンという脂肪の吸収を抑える成分が含まれています。低カロリーなのでダイエットに最適な食材です。タンパク質が豊富な豆腐を入れることもおすすめです。気をつけたいのがカロリーです。味噌汁のカロリーは低いのですが、油揚げなどカロリーが高い食材を使うと摂取カロリーが増えてダイエット効果が減少します。

 

ダイエットが目的の場合は、野菜や海藻など低カロリーな食材を中心に使用しましょう。朝・昼・夜のいつでも飲んで構いません。食前に温かい味噌汁を飲みましょう。味噌汁を作るのが面倒な場合は、インスタントの味噌汁でもよいです。添加物を使用していないものがおすすめです。カップに味噌とねぎやワカメなどの具材を入れてお湯を注ぐだけでも味噌汁を作れます。これなら簡単で続けやすいです。